パン、総菜、麺、焼き菓子、デザートなど1日1000種類以上の食品を生産する総合食品メーカー

  • 毎日に株式会社オイシス

採用情報

社員の声先輩社員の声

デリカ事業部 滋賀工場 ライン長 西岡 隼 2012年入社

入社2年目から携わった新工場立ち上げ。
想いが実現できる環境です!

オイシスへの入社理由を教えて下さい

  • 私は大学は理系で動物関係の研究を行っていました。ですから就職活動では、食品関係だけでなく、ペットフードのメーカーも視野に入れていました。オイシスへの入社理由は、やる気があれば、若いうちからからでもどんどん仕事を任せてもらえる社風に惹かれたことが大きかったですね。

同期の2人で、滋賀工場立ち上げにも携わったとか?

  • 私はデザート担当として、初めは、はりま工場に配属され、入社2年目で新しくできた滋賀工場へ。当時は、まだデザートのラインが稼働していなかったため、麺のラインを担当しました。
    しかし、いざデザートラインが始動してみると立ち上げ当初は、かなり試行錯誤しました。はりま工場で使っていた機械と違い、滋賀工場の機械は導入されたばかりの真新しいもの。同じ温度や時間でデザートの生地を焼いても、すぐに焦げてしまったり、膨らまなかったり…。条件が違うとこんなにも出来が違うのかと驚きましたね。

多くのやりがいを感じられる職場のようですね。

  • 滋賀工場が軌道に乗った時は、若手中心で工場が回せるようになったことが、本当に嬉しかったですね。「午前は〇人をデザートに回して、午後はそのまま製麺部門に移ってもらって」といったふうに、同期入社の社員と協力してパートスタッフの人員配置を行なうこともありました。同期入社は、いい意味でライバルであり同志。こういった同年代の仲間とチャレンジができるところも当社の魅力です。

就職活動中の皆さんへ 就職活動中の皆さんへ

  • 「任せてくれる」環境の中で、正直プレッシャーはあります。しかし、それを乗り越え、新商品をうまく量産化できたり、繊細な商品を最高の状態で出荷できた時は、この仕事ならではの達成感も得られます。また、冶具を作ったり、仕組みを簡潔化したりと、自分の意見も反映されやすいので、モチベーションも高く維持できますよ。今後は工場全体の管理を通して、利益向上にも携わっていきたいですね。そして、将来的には会社全体の運営に関わるような仕事にもチャレンジしてみたいと考えています。 当社は、意欲があればどんどん自分を伸ばせる会社。やりがいや自己成長を求める人には、本当に良い環境だと思いますよ!

一日のスケジュール

8:00  滋賀工場に出社

受注状況を確認。当日の動きをチェックし、前日に考えていたよりも多くの注文があれば、計画を見直すことも。

9:00  朝礼・現場での仕事

朝礼の後は、ラインの現場に出て、スタッフの動きや商品をチェックしていきます。

13:00  お昼休憩

後輩を先に休憩に出すことが多いので、自分自身は少し遅めのランチタイムを。

14:00  ラインテスト

新商品がある場合、ラインテストを行います。商品企画の担当者と共に、実際にラインに流した時の問題点などを解決していきます。週に一度は、お客様との商談に立ち会い、次の新商品の提案も行います。

17:00  事務処理

書類作成など、たまった事務処理を行っていきます。

19:00  退社

定時で退社することも少なくありません。しっかり休んでリフレッシュすることも、良い仕事へつながります。

先輩社員の声TOPに戻る

ページ先頭に戻る

株式会社オイシス
本部 〒664-0027 伊丹市池尻2丁目23番地

Copyright Oisis Corporation. All Rights Reserved.
ENTRY