パン、総菜、麺、焼き菓子、デザートなど1日1000種類以上の食品を生産する総合食品メーカー

商品開発

商品開発の流れ

オイシスでは、お客様のご要望や市場のニーズをしっかりと把握し、企画から商品設計・試作品・検証・製品化まで、おいしさと満足度を第一においた考えに基づき、自社ブランドはもちろん、マーケットのニーズに合致した最適なプライベートブランド商品の開発をご提案します。また、開発だけでなく、関係法令や品質・流通s管理についても、万全の体制にてサポートを実施。安心してお任せいただける体制を構築しています。

商品開発の順序

1.商品企画,2.ニーズ分析・ヒアリング

商品開発の起点はいくつかありますが、「このような商品が欲しい」という取引先からの要望や「このような商品を市場は求めている。」といった市場のトレンド分析が主な起点になります。
特にトレンド分析においては、『流行』や『ターゲット』はもちろん、『消費動向』、『季節指数』、『味の傾向』、『男女差』、『嗜好性』、『食シーン』などがポイントとなっており、商品の方向性や企画がこの段階で決定します。

3.試作品検証

商品の方向性や企画をもとに、販売価格や形状なども想定し、具体的な商品設計と試作に移ります。実際に工場での製造( 量産化) の想定、量目・味・・・品質とコストに配慮した食材の選定、日持ちなどの想定と検証、見栄え(パッケージ)の検証など、様々なポイントを検討し、目指す商品に向け試作を重ねていきます。特に検討する中で、方向性やコンセプトがぶれないよう、常にどういった商品にしたいのか? 意識することがポイントです。

4.商品プレゼン

お客様のご要望や市場性及び、ターゲットをふまえて仕上げた試作品をお客様にご提案していきます。『この商品でお客様、取引先にどのような価値をご提供できるのか? 』についてをお客様の担当者に対してしっかり伝えることがポイントになります。特に競合他社が存在する場合、『他社とは何が違うのか? 』を伝えることも大切です。開発者として、この商品の開発に懸ける想いを伝えていきます。

5.製造テスト・・・製品化

開発段階での製造検証と確定した商品仕様をふまえ、最終的に製造ライン担当者と発売に向けた事前テスト検証(確認)を実施します。見栄え・味・品質などお客様に安心して購入いただける商品製造の最終確認を行います。時には、試行錯誤を重ねることもありますが、お客様に喜んでいただくこと、そして商品が市場に送り出された瞬間は、言葉にならない感動があります。

オイシスのパンが好き

ベーカリーを始めたい方へ FC加盟店募集のお知らせ

工場紹介