パン、総菜、麺、焼き菓子、デザートなど1日1000種類以上の食品を生産する総合食品メーカー

採用情報

社員の声

リテイルベーカリー事業部 田中 元気2006年入社 商経学部

「食べる幸せを提供したい」と考えました。

  • 私がオイシスを知ったのは、就活サイトでした。
    元々、“食べること”が大好きだったこと、「食べる楽しみや幸せを提供したい」という想いから食品業界を検索したことがきっかけです。
    食品業界・食品関連の仕事はたくさんありますが、その中でも、私は食品を作る『メーカーの仕事』そして、その食品をお客様に“直接”ご提供する『小売の仕事』を同時に行うことができるオイシスの仕事の面白さに魅かれましたね。外食産業のようにお客様の反応がダイレクトに返ってくる仕事でもありますし、店舗に来られないお客様にも“お持ち帰り”として商品をご提供できる面白さもあります。自分が作った商品で「たくさんのお客様を笑顔にしたい」「その笑顔を間近で見たい」そう考えたことが入社の決め手になりました。

チャレンジできる環境。

  • 現在は、インストアーベーカリーの店長を任されており、仕込み・成型・焼成といったパン作りの一連の作業はもちろん、材料の発注・売上分析・小口管理など店舗運営業務も任されています。また、作業中には「焼きたてですよ。」という声掛けや笑顔をお客様に向け、店舗の活気づけや販売促進に努めていますよ。
    オイシスでは、やる気があればどんどんチャレンジさせていただける環境があり、私自身、1年目から商品開発に関わったり、新店舗のオープニングスタッフも経験したりしました。今では一つの店舗を任されていますし、数店舗が合同で行う“夕方限定商品”の開発も任せていただいています。自分よりも年下の後輩も増え、自分も教える立場になってきていますので、気を引き締めて取り組んでいきたいと考えています。

パン作りの面白さを実感しています。

  • これは、自己満足の世界だと思うのですが、自分が納得いくパンが作れた時、そして、そのパンをお客様が楽しそうに選んでいる瞬間がとても嬉しいですね。どんなに疲れていてもお客様の笑顔で癒され、もっとおいしいパンを作ろうという想いがこみ上げてきますよ。パン作りの世界は、「100人が同じレシピで作っても100通りのパンができる」といわれるくらい奥が深く、様々な方々との出会いを通じて、ようやくその面白さを実感できるようになってきました。お客様に「おいしい!」と笑顔で言っていただけるパンを作ること、そして、現在店長として任されている店舗の管理や新しい商品の開発を行っていくこと、それが今の目標ですね。 まだまだ学ぶことはたくさんありますが、仕事の幅を広げていけるように頑張りますよ!

就職活動中の皆さんへ。

  • 店舗で働くこと、パンを作ることは、体力的にみるととても大変な仕事です。片付けや商品の研究で自分の時間が少なくなることもあるでしょう。しかし、好きな仕事であれば、そんなことも忘れるくらいの大きな喜びや感動があり、一生懸命に頑張っていくことができると思います。それは、パン作りだけでなく、どの仕事に就いても言えることだと思いますよ。これから就職活動をはじめる皆さんも「自分の好きなこと」「自分のやりたいこと」をみつけ、自分に合った仕事をみつけていただきたいと考えています。迷った時は、「やりたい仕事かどうか?」。私がパン作りと出会ったように、皆さんも「好き」と言える仕事に出会えるよう応援していますよ。頑張ってください!

※通常はマスクをしておりますが、今回は撮影のため外しております。

6:00  出社・仕込み

パン作りの基本は仕込みです。納得のいく生地ができるまで、頑張ります。

8:00  生地の成型

「パンの見栄えが少しでも良くなるように」と、丁寧に成型を行います。

9:00  焼成・窯入れ

成型した生地が発酵したら、「窯入れ」です。パン職人の腕の見せ所。焼き上がったパンは店頭へ。

15:00  店舗運営業務

材料の発注や販売スタッフとのコミュニケーションも店長の大事な仕事です。

20:00  閉店~終業

焼いたパンがすべて売れた時は、最高の瞬間です。お客様に笑顔になっていただくためにもっと腕を磨きますよ。