パン、総菜、麺、焼き菓子、デザートなど1日1000種類以上の食品を生産する総合食品メーカー

採用情報

社員の声

パン事業部 営業部 庄 香樹 2012年入社 

関西出身者にとって身近な存在のオイシス。

  • 「食」は「自分たちの生活に最も大切な事柄」。そう考えたとき、就職活動で志望する企業も自然と絞られてきました。特にオイシスは、関西の人間にとって、とても身近な存在。内定を頂いたときは、「あのオイシスに入社できる!」と深い縁を感じましたね。
    私が入社した当時は、新入社員が経験として配送を担当することがあり、私も2トントラックを運転していました。運転への不安は当然ながらありましたが、机に向かって作業をするよりも、外に出て様々な人に会える仕事の方が自分に合っていると感じていたので、「良い経験」になりましたね。

「楽しく話せる関係」が売上につながっています。

  • 4年目に入ったころから、皆さんも良くご存じの大手量販店3社の担当を任せて頂けるようになりました。それまでは地域に根差した店舗や小規模なチェーン店の担当が多く、全国規模のお客様は初めて。月に1度のチェーン店本部との商談をはじめ、実際に毎日様々な店舗を回り、売場担当の方とコミュニケーションを取っています。本部との商談では、新商品の提案や季節のイベントに欠かせない商品などを提案し、チェーン店全体でチラシに載せて頂けるよう試行錯誤してプッシュしています。そして店舗では、他社商品の売れ行きや人気の傾向などもチェック。また、担当の方とは仕事の話だけでなく、趣味の話や最近話題のニュースなど、「楽しく話せる関係」を築けるよう心掛けています。そうやって自分自身も楽しい時間を過ごし、その結果が売上につながったときは、大きなやりがいを感じますね。

100以上の店舗に自分のアピールした商品が並びました!

  • 前述した大手量販店の担当を任されてから半年くらいたった頃、自分にちょっと自信が持てた出来事がありました。
    本部への商談で私がイチオシ商品としてアピールしていたものが、1週間の特売商品に認定され、大々的にチラシに掲載して頂いたんです!全カテゴリーの商品から、100店舗以上で販売されるこの特売商品に入るのは非常に狭き門。売れ行きも普段とは全く違うものになりますので、競合会社もこのチラシ掲載を目指してアピールしてきます。そこに自分の提案が受け入れられたということが本当に嬉しく、「ヤッター!」という気持ちでいっぱいでした。
    今はまだ、現在担当しているお客様との信頼関係をより強固なものにしていけるよう努力しているところですが、将来的には、もっと様々なお客様を担当させて頂き、仕事の幅を広げていきたいですね!

就職活動中の皆さんへ

  • 私が担当している大手量販店の他にも、オイシスは地域に密着した店舗からコンビニエンスストアなど、たくさんのお客様とつながっています。お客様によってルールも違ってきますし、第一に担当者の人柄も全く違ってきます。そういった多種多様なお客様と出会い、自分自身も成長していけるのがオイシス営業職の魅力の一つ。
    といっても、やはり仕事ですから大変なことだってたくさんあります。そういったときでも仕事のモチベーションが保てるのは、職場の雰囲気が良いから。上司の方にも相談しやすく、いつも的確なアドバイスをして下さいます。若手のメンバーとは、食事やカラオケ、最近はゴルフにもよく行きますよ。
    皆さんにも、こういった環境を活かして、どんどん成長してほしいと思っています。一緒にオイシスの商品を、より多くの方に広めていきましょう!!

8:00  出社

メールチェックや今日の予定などをチェック。上司への報告や簡単な事務作業も行います。

9:00 〜  外回りへ

担当するのは大手量販店。店舗数も多いですが、一日4~6店舗は回るように心がけています。郊外店などもありますので、移動時間が多いことも。移動は基本的に営業車です。

14:00  商談

今日はお客様の本部で商談の日。今月の新商品を提案していきますが、こういったアピールの仕方も自分流で実践できるのがオイシスのいいところ。

17:00  事務作業

帰社してからは、見積もり作成などの事務作業が中心。ときにはお客様から出された要望を開発や生産に伝えるため、社内で打ち合わせも行います。退社後は同僚とご飯に行くことも。リフレッシュするのも仕事の一つです!